顔タイプが「強」だけど骨格が「弱」のお悩み

皆さんこんにちは。上記のタイトルを見てピンとくる方は相当ファッション診断系に精通していますね。「私がまさにこれだ」と思われた方は今日の記事がとても参考になると思います。

先日目鼻立ちがはっきりしていてこんなイヤリングに負けない華やかなお顔立ちの顔タイプ「エレガント」のお客様がいらっしゃいました。

顔タイプエレガント 似合うアクセサリー

大きさも3センチ程度あるのでイヤリング自体に存在感があります。でもこれがスッと溶け込むように馴染む。メイクアドバイスを終えたあと、イヤリングをしている自分を鏡越しに見て驚いていらっしゃいました。

パーソナルカラーもウインターで、お顔立ちも色素にも「強さ」をお持ちです。それなら!インパクトがあって大人っぽい雰囲気の張りとツヤを感じる服が似合うはずとなりそうですが、そうならない理由が骨格にありました。

身体がとても華奢で重みのある服に耐えられない。服が重いと感じたことのない人にとっては意味不明な現象だと思いますが細くて華奢な体型では例えば「冬のコートが重すぎて肩が凝るから着られない」のです。

かと言って夏の服はどれも生地が薄くて貧相に見えるのでいつもカーディガンを手放せないとお悩みでした。

強い顔」と「弱い身体」が自分の中に同居している状態で、それがオシャレ迷子になる原因になっていました。そうなると・・シンプルな服のままでは顔に合わず地味になるので服の形やデザイン、柄や色で強さを表現するしかありません。

顔タイプ診断 似合う服

画像参照;https://www.grcloset.com

軽い生地で身体を膨らませたり、ギャザーたっぷりのデザインを利用して立体感を出したり、モヘアのように膨らみやすい素材を着て身体を大きくしてみたり。幸いビビットな色がお似合いになるので「色」でコントラストを出して強さを引き出してもいいですね。洋服の重みで身体に負担がかからないよう、あの手・この手で足し算を考えます。

骨格の弱さの釣り合いが取れるように顔の引き算も可能です。メイクで眉毛の強さや顔の中心の影を取り除いて柔らかく。顔と身体のギャップを少なくすることで調和をとりました。こういう違和感ってなかなか言語化できないし自分だけでは答えが出なくてモヤモヤしっぱなし。

お客様も「申し込みに勇気がいって悩んだけれど、もっと早く相談に来ればよかったと思いました。」と本当に喜んでいただけました。今はネットで色々と情報をゲットできるのでよく勉強されている人も多いのですが顔タイプと骨格の考え方をごちゃ混ぜにして考えている人が多いです。「混ぜるな危険」なわけです。

ファッションコンサルを何のために受けるかわかりますか?最終的にはオシャレになること綺麗になることですが、まずは自分の状況を分解して問題点を整理することから始めないと途中で挫折することになります。課題を分解してもらうことこそコンサルを受ける意味になるのです。

こんなご感想もいただけました。

自分の頭の中で考えていると、混ぜたくないものが自然と混ざっている事が多いです。これはファッションに限らずどんな分野にも言えること。例えば数学が苦手な人ならプロの先生に解法の筋道を教わり流れを作ってもらうとパッと道が開ける事がありませんか?(数学が苦手な私が例える説明ではないけどね)プロを頼るなら課題を分解して教えてくれる人の所に行きましょう。オシャレに困っている人は、その理論と抱えている課題を明確にしてから順序立てて丁寧に説明していますので継続レッスンにいらして下さい。遠方から通われる方にはなるべく少ない日数で受講できるように調整もしています。まずはお気軽にご相談ください。

🔷継続レッスンでお得にオシャレのノウハウを学びたい方へ

プレミアム実践コース

40代・50代の方へ。10年後の自分を意識して美肌と美髪と美的センスを手に入れる講座です。流行を追うだけのオシャレは卒業して賢く美しく軽やかに。

🔶併せて読みたい注目記事

40代・50代が垢抜けるヘアメイクのコツ

40代から50代のかけての女性はライフスタイルや体調に大きな変化が訪れます。人と会うのが億劫になってプチ引きこもりになる方もいらっしゃいます。外出が面倒に感じてし…