本当は痩せているんだね・・と言われ続けた理由

皆さんこんにちは。Sーstyle代表、パーソナルスタイリストの魚住です。

会社員時代のわたし

私は29歳で子供を出産するまでアルビオンという化粧品会社でアドバイザーとして働いていました。お店のカウンターに立ってお客様を接客する毎日です。1日中立ちっぱなしの仕事なので帰宅するといつも足がパンパンでよくマッサージをしていたことを思い出します。

毎朝メイクをしたら制服を着て髪の毛を結び、爪を整えてヒールを履く。毎日同じ格好で家を出るわけですが、化粧品メーカーは2年に1度制服のデザインが変わります。その都度自分のイメージも制服により変化してきました。そんな環境の中で月に1度か2度は私服を着て会社に出勤することがあったのですが、その時によく言われたのが「え?そんなに痩せてるなんて知らなかった!」という同僚からの言葉。そしてその言葉をもらう時はいつもパンツスタイルでいる時でした。

20代の若かりし私もこれには喜んで良いのかどうか悩んでいたように記憶しています。当時は160センチで50キロ。決して痩せている体型ではありませんが太っているわけではありません。でも周囲にはぽっちゃり?した印象があったのでしょう。そんなに太って見えているのか?何がそんなに悪いのか?そこで出した結論は「制服が悪い」ということでした。毎回制服のデザインは変われど、必ずスカートを履かされていたので「スカートが似合っていなくて太って見えるんだ」と思い込んでいたのですが、今ならなぜそんなに着太りして見えていたのかがハッキリと分かります。

太って見えた理由は骨格

このブログをいつも読んで下さる方はお察しの通りですが、理由は私の骨格にありました。肩が大きく迫り出したデザインのジャケット、大きくフリルのついたブラウスは骨格ストレートの人にとっては大敵なデザイン。でも華やかなイメージを演出したい化粧品会社にとっては欲しいデザイン。まさに華奢なウェーブ体型の方が似合いそうなデザインを会社は採用していました、苦手な形の制服を着て毎日店頭に立っているわけですから、カウンター越しに見る私の身体はかなり大きく膨れ上がっていたハズです。若かりし頃は今よりもパンっと全身に張りがあり、胸も大きかったので(私はそれが悩みの1つでしたが。。)かなり太って見えていたことでしょう。制服のジャケットサイズはスカートサイズより1つ上を選んでいた気もします。

私服を着た途端にマイナス5キロくらい萎んでいる私を見た同僚が「あれ?痩せている・・・」というのも無理はありません。デコラティブな服は苦手でいつもスッキリした形の私服を選んで出社していたのです。骨格の理論上、正解とされる服ばかり選んで着ていた私は偉い!でもあの頃、自分の骨格の特徴を理解していたとしても制服はマストアイテムなのでどうすることもできませんでした。でも今これを読んでいる読者様にはもっと賢く自分のスタイルを活かした洋服選びをして欲しいと思います。

骨格ストレートが着太りするのは本当です

前述したように20代の骨格ストレートタイプの方は筋肉に張りがありますが、40代ともなると張り感よりたるみ?が増してくる傾向にあります。さらに胸は小さく・・・全体的に丸さが目立ちます。肩先も丸く。腰も丸く。全てが丸く丸く・・・。それでも骨格に変化はありませんので上半身の立体感は健在です。その体型の人は服の形に要注意。

骨格ストレートのNG服

自分の体型をカバーしようと選びがちなのがチュニックやざっくりニット。お尻のラインを気にして長い丈にすると・・妊婦さんに間違えらる率200%。典型的な骨格ストレートさんなら手放しましょう。

パフスリーブ・リボンやフリルのついた服も一気に身体が膨らんで見えるのでNGです。可愛い服が好きな方にとっては苦しい選択ですよね。でも大丈夫!可愛い雰囲気はアクセサリーやヘアスタイルでも叶えられます、つけ襟も流行っているし、ハートやリボンのアクセサリーを取り入れてもいいですね。洋服1枚で「可愛い」を完成させる必要もありません。

フリルや装飾の多いブラウスワンピース

秋冬になるとハイネックを着たコーディネートが流行り出すのでオシャレ感度の高い方ならトライしたいアイテムですが、首が短いストレートさんは厳しい・・・。(首の長いストレートさんはOK)私も10代の若い頃から何度もチャレンジしていますが、どうにもこうにも着こなせません。自分の首が他人よりも短いことを自覚したのは30代半ば・・。それまでハイネックが似合わない理由は別にあると思っていましたが・・・いや、やはり首の短さが原因でした。

今でこそ似合わない理由を言語化する仕事をしていますが、私もさんざん失敗を重ねています。でもその失敗が今の仕事に生かされています。元々センスのある人ではりません。似合わない制服で仕事をしていたあの頃から、お給料の半分以上を洋服につぎ込んでトライアンドエラーを繰り返してきた私だからお伝えできることも沢山あります。

どんな服が似合うのかしっくりこないと悩んでいる方はぜひトータルレッスンで得意・苦手を理解して下さいね。

トータルプロデュース

フルコースであなたのブランディングサポート。埼玉所沢市のコンサルサロンS-styleによるトータルプロデュース。