骨格『ウェーブ』さんがテーパードパンツが似合わなかった理由

皆さんこんにちは。イメージコンサルタントの魚住です。
女性の魅力プロデュースサロン「S-style」(埼玉・所沢)の運営をしております。つい最近まで中東ドバイで活動していましたが日本に戻りまたレッスンに追われる日々を送っています。数あるサロンの中から選んでいただき、本当にありがとうございます。

日本のサロンでは一般の方を対象に女性が最も輝けるヘアメイク・スタイリングを提案しています。20代からメイクの仕事に精通してきた関係でトータルレッスンでは診断だけで終わらず、メイクとスタイリングのダブル効果が期待できます。

■パーソナルカラー診断
■顔タイプ診断®︎
■顔分析メイク
■骨格診断
■ショッピンング同行

で多くの女性をプロデュース中。

東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木エリアの方が多数ご来店。もちろん海外からのお客様もウェルカムです。

骨格ウェーブさんはパンツ選びが苦手

一般的に骨格診断で「ウェーブ」と診断される方はパンツ選びに苦労されている傾向にあります。なぜなら太ももは細いのに膝下ががっちりしてしまうアンバランス感や、足の付け根の張りが邪魔してサイズ選びに苦労したりするからです。反対に上半身が華奢で痩せてみられることが多いので身体の上下でボリュームのバランスを取らなければなりません。

ネットでも骨格別に沢山の情報を拾えるので、どんな形のパンツを選べば良いかは分かります。スキニーパンツ・クロップドパンツ・テーパードパンツは骨格ウェーブさんの3種の神器に入りますね笑

私もショッピング同行をしながらお客様にお似合いになるパンツを探してアドバイスしていますが、確かにウェーブタイプの方には上記のパンツがいいなぁと思うことが多いです。

ですが!!パンツを選んだあとの微調整が重要になることも知って下さい。上記の写真でも微妙に形が違っていて、合う・合わないが発生します。

似合う予定のパンツを購入したお客様

サロンにもお手持ちのお洋服を持ち込むお客様も沢山いらっしゃいます。この日もウェーブさんがパンツ選びに苦戦しておりました。似合うと言われているテーパードパンツを買ったはずが、どうにもしっくりこないと言うのです。それではその原因を探ってみましょう。

こちらは全体のシルエット。上半身が寂しくならないようにパフスリーブのトップスを着てシンプルで上品にまとめられています。この写真だけを見ると上下のバランスもいいし、下半身のボリュームも抑えられているので特に違和感は感じないと思います。実はもうすぐ産休を終えて職場復帰を控えているお客様でしたので子育て中でも動きやすく、でもあまりカジュアルになりすぎないスタイリングを希望されていました。

でも本人は大きな違和感。「スッキリしない」と言うのです。その理由がすぐに分かりました。ズバリ丈の長さです。元の長さのままでは足首の太い部分が強調されて重たい印象になります。テーパードタイプという形を守ったとしても丈の長さを間違えると一気にスタイルダウンしていきます。この感覚は本人が1番に感じている部分かと。やっぱり骨格ウェーブさんは下半身を軽く見せる!が大事なポイント。

足元をズームイン。足首がキュッと閉まって細いのならその部分を強調した方がいいですね。八分丈・九分丈を意識するようにすると一気に軽さが出て全体のバランスが整います。この時はサロンで用意しているサンダルを履いていただいてますが、このくらい足首が細いならストラップのないサンダルの方がスッキリ見えていいですね。 これがいわゆる微調整です。

鏡の前でササっと長さを調節してあげたら、お客様が歓声をあげてました。何度も何度も色々なパターンでコーディネートを組んできたのに全く気が付かなかった視点を指摘されたとおっしゃってました。こんな時はスタイリスト冥利に尽きますね。 その他にも似合わない感じていたカシュクールタイプのワンピースも持参されたので、胸元の盛り方をアドバイスしていました。インナーだけでなく華奢なアクセサリーの重ね付けも良かったです。

こんな感じでレッスンでは実践を大事にしています。単純に新しい服を紹介するだけでなく手持ちのアイテムを着こなせるように提案するのも私の役目です。クローゼットに服が沢山あるのに活用できていない!と感じている方にもぜひ受けていただきたいです。着るものが変わると人生も変わります。以下のメニューがお得です。

大人気のトータルプロデュース!メニュー詳細